ホームへ最新情報棚田米の会お米TALK企業理念会社概要業務案内メディアTALKリンク
メディアTALK
 
日経トレンディー
いまだ出回るニセブランド/本物の一級品はこうして見極める/都内4件で購入したコメの真相を中島氏が鑑定/やっぱりあったニセブランド米
朝日新聞
「ブレンド米」が増加/業者はモラル向上を!
不ブレンド米と表示しながら、実は安いコメが大半だった事例が出ている不正がふえた背景とは?
テレビ放送
「偽ブランド米の徹底検証」「ブレンド化するお米の謎」中島氏のコメントを交えながら
米事情を探っていく。
 
有機米屋
有機米とは3年以上農薬や、化学肥料を使用しない圃場で栽培され、第三者の認証を取得したお米です。
ユウキくん入店する

福岡農産株式会社
〒827-0003
福岡県田川郡川崎町
大字川崎3986
TEL:0947-72-3122
FAX:0947-72-3058
朝日新聞

朝日新聞
2001年10月20日 朝日新聞掲載

[内容一部抜粋]
コメの表示義務の厳格化で、市場にはどんな変化がありましたか。
「ブレンド米と表示したコメが急に出回るようになりましたね。これまでは消費者の銘柄志向を反映して、どんな安いコメでも『福岡産ヒノヒカリ』などと単一銘柄をうたっていました。それが同じ値段でブレンド米に表示が変わったわけですから、今までのコメは本物だったのかと言いたくなります」
単一銘柄で安く売るには限界があると。
「銘柄米の大半は玄米60キロあたり、卸の仕入れ値段で1万6千円以上します。仮に1万6千円として精米10キロに換算すると3千円弱。これに卸や小売業者の利益が加わりますから、スーパーが目玉商品として売り出す10キロニッキュッパ(2980円)という価格は出せません」
法改正の効果があったというわけですね。
「そうとも言い切れません。『コシヒカリブレンド』と袋に大きく表示しながら、実は別の安いコメが大半だったといった事例が出ています。有名産地のコメをうたいながら違う産地のコメを混ぜる昔からの不正もなくなってはいません。」
DNA鑑定で品種が特定できるようになったと聞きます。
「DNA鑑定では品種の違いがわかっても産地や収穫年まではわかりません。食糧事務所も品種のチェックだけで済ませています。古米やくず米を混ぜても品種が同じならわからない」
なぜ不正が続くのでしょう。
「コメ業界は旧食管法時代、規制は守られて経営は安定していました。ところが現在の食糧法に変わって自由競争になり、広告宣伝費などのコストも増えて経営が苦しくなった。これが不正が増えた背景です。」「いかに商品に特徴を出して消費者に訴えるか。業界の自己責任意識とモラルの向上がまず必要です。スーパーなどの大型店とも、価格面だけでなく商品づくりで協力できたらと思います」

このページの最初にもどる▲

有機米屋はこちらをクリック